科学的にも明白なウォーターサーバーで赤ちゃんミルクを作るワケ

科学的にも明白なウォーターサーバーで赤ちゃんミルクを作るワケ

科学的に考えたときお水を選ぶことはとても重要です。なんのために重要かというとウォーターサーバーで赤ちゃんのミルクを作るときのことです。ウォーターサーバーの水と言っても種類はものすごい沢山あります。代表的なもので2種類です。一つが天然水。もう一つかRO水です。このどちらも赤ちゃんのミルクには最適です。天然水は赤ちゃんのミルクにはよくないという声がたまにあります。しかしこれは大きな間違いです。なぜかというと日本の天然水はほとんどが軟水だからです。

 

赤ちゃんのミルクを作る際に気をつけなくてはいけないのは硬水を使ってはいけないということです。日本の天然水で硬水のものはほとんどありません。地域的に軟水がほとんどなんです。

 

それを誤解して天然水は一概に良くないというのは大きな間違いです。むしろRO水よりも天然水の方が良いです。なぜかというと、天然水には自然のミネラルが多く含まれています。育ち盛りの赤ちゃんに栄養を水分からしっかりととらせてあげるには天然水を利用するのがおすすめです。

 

特におすすめなのかバナジウムを含んだ富士山の天然水です。これは科学的なデータでも健康になるということが徐々にわかりつつあります。バナジウムとは一体何なのかというのが長年の疑問として扱われてきました。しかし、近年の研究の結果バナジウムが人体の体に利益をもたらすということがわかってきているんです。特に近年ウォーターサーバーには注目が集まっていますから、赤ちゃんのミルクを作るときに使用してみてください。